ホーム公演情報作品紹介プロフィール韓国舞踊人材募集貸しスタジオ公演依頼お問合せ
代表作

「カシコギ」

 『カシコギ』とは、魚の名前です
 この魚は、オスが子育てをします
 巣を作り、餌を与え、外敵から守り、
 子が成長すると、自らの命は終わります
 その生涯はわずか一年です
 その間、必死に子育てを行います
      ひとつの命を育むために
 この、本能のなせる無償の行為を、私たち人間は、ときに愛と呼びます
 皆さんにお届けするのは、そんな愛に育まれた命の物語です


 ●あらすじ

 時は現代。舞台は韓国。

 詩人ホヨンには、白血病に冒されている一人息子タウムがいる。
 タウムが助かる道は骨髄移植しかない。
 しかし一致するドナーが見つからず、完治への希望は断たれた。

 ホヨンは、残された日々を辛い治療にあてるのではなく、少しでもタウムに子供らしい時を送らせてやりたくて、退院を決意する。


 そして、都会を離れ、自然あふれる美しい山里で過ごす二人。
 そこで父子は一人の老人と出会い、楽しい時を送る。
 豊かな自然に囲まれ、タウムの生命力も蘇ったかに思えた。

 が、それもつかの間、タウムの容態が急変し再び病院に戻ることに。

 そんなとき、タウムの担当医の必死の努力により、タウムの骨髄と完全に一致する日本人のドナーが見つかったことを知る。
 しかし、移植には莫大な費用がかかる。
 ホヨンにはとても用意することの出来ない金額だ。
 だが息子の命はなんとしても助けたい…

 そこでホヨンは、自分の腎臓を売るという、いわゆる臓器売買でその治療費を調達しようと考える。
 ところが、その売買のための検査の段階で、ホヨン自身が肝臓ガンに冒され余命3ヶ月であることを告げられて……



★原作者 趙 昌仁(Cho Chang-In) メッセージ★
  私が夢見る世の中は、“まぶしさ”より“あたたかさ”です。人と人とがお互いに寄り添える丘になる、そんな世の中です。
  私が作家として目指しているテーマでもあります。
  日本の舞台で紹介される「カシコギ」もやはり、“まぶしさ”より“あたたかさ”に向けて手をさしのべることを期待しています。


★原作『カシコギ』とJPスタジオの日本語圏内独占舞台上演権★
  韓国で「カシコギ・シンドローム」と呼ばれる社会現象も生まれるほど人々の心を揺り動かした、200万部突破の記録的大ベストセラー小説『カシコギ』を
  日本で初めて舞台化した現代演劇です。
  2007年6月、JPスタジオが日本語圏内独占舞台上演権を取得しました。同年7月31日初演。
  フジテレビ系2011年春の連続ドラマ『グッドライフ』(反町隆史主演)の原作です。


  • 原作/趙昌仁 脚本・演出/平田康之 作曲/もりりょうすけ 音楽/福田洋介 振付・衣装/朴貞子 美術/川原清徳 彫刻/笛木弘一 仮面製作/小嶋京子 写真/小木曽威夫 照明/中沢幸子 音響/相川晶 舞台監督/川崎吉洋 制作/JPスタジオ
  • 上演時間:1時間35分(休憩なし)
  • 編成人数:15名=出演者9名+スタッフ6名 (照明3・音響2・舞台監督1)


[オリジナル作品メニュー]

HOME

email:jpstudio@jp-studio.net
Copyright (C) JP Studio 2001-2011
All rights reserved.
Last Revised04/14/2011